読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サニーの頭の中

30代 既婚 子供 無し 日々の思い。

私がしているアルバイトについて。

近況

私はアルバイトをしている。理由は金だ。

 金以外の目的でアルバイトをしている人がいるのだろうか?ひょっとしたらそういう方もいるのかもしれないが、それは何か目的があってやっているのだろう。ボランティアとか技術の向上とかなんやかや。

 なんのアルバイトかというと深夜の遊技場の清掃をしている。

 ・楽そうだったのと(実際今は作業自体は恐ろしく楽)

 ・ある程度時給がよさそうなのと(拘束時間を考えると微妙である)

 ・仕事(本業)しながら実際にできる(残業等の影響がない)時間帯だったからだ。

 以上3点。住まいから近かったのもある。アパートから車で5分もかからない場所だった。(今は引っ越して片道10分ほどかかる。億劫…)

 

実際どんなものなのか?という予想される質問の答え。

 一番気になるのは時給だと思われる。

 これはアルバイトする場所や店舗によるだろうけれど私は現在大体平均月20日アルバイトをして、約¥31,600の収入になっている。

 最大は1か月で¥44,000になったこともある。当たり前だがアルバイトに出れば出るほど収入は増える。実際に毎日出ている人が私の職場では3人ほどいる。良くやるなぁと思いつつうらやましいが体がきつそうだ。週末になると顔が死んでいる事がよくある。

 

 ぶっちゃけると交通費込でのこの金額。正確には時給ではなく、1回の出勤でいくら、ということになる。これが高いと感じるか安いと感じるかはあなた次第であろう。大体22時35分に家を出て、22時45分に到着、少々待機して23時55分に作業開始。24時20分程で解散となる。(私の場合。どこも同じではないと思う。もっと早く終わるところもあるだろうし遅いところもあるだろう。)

 前述したが作業自体ははっきり言って楽であり(慣れれば)時間もすぐに経過する。実働時間は約60分程かと思われる。正直なところ「どこまで手を抜くか」で全然違う。

 個人的には掃除は嫌いではない。それなりにきちんとやっているつもりだが、それでも完璧にやっているかと言ったらとてもYESとは言えない。時間内にできるだけきれいにしようとしたら汗だくになるほどの作業である。

 

もっと割のいいアルバイトはないものか?

 考えていろいろ検索してみた結果。

 転売、アフィ、せどりが3本柱?なのでしょうか。

 webライターやブログ記事代行、まとめサイトのタイトル決め?みたいなのもあった。正直全然知らなかったのだけれど、似たようなブログ記事、まとめサイトが多いのはこういことなんだろうな…。文章を書くのが好きとはいえ、書きたくもない記事を書くのは苦痛でしかないだろうに…。私には到底無理と思う。書きたいから書くのでなければ続かないと思う。自分の書いた文章が、他人のブログとなって表れるのだ…ゴース○ライターってやつですかね?

 

 じゃあ掃除はどうなんだ?となる

 

 割がいいとは言えないが、地味にそして確実にお金が貰える。

 当たり前かもしれないが私の時間と作業がお金になっているのだ。時間を切り売りしているのだ。睡眠時間を削って。

 ダラダラしているよりはいいかもしれない。それなりにきれいになるとやはり気持ちがいいものだ。心の自浄作用になっているかもしれない。

 作業中は完全に無心で自分との対話をずっとしている。たまに店員や同じ作業員と愚痴を言い合ったりもしているが、基本的には一言もしゃべらずに作業をする。のでコミュニケーションをとる必要はほぼない。掃除の手順を教えてもらう時くらいだろうか?。

 

 

時間に余裕があり、体力的に大丈夫な方ならできる。

7割が50~60代の女性である。残りは20~60代の男性。小遣い目的が全員。はっきり言って誰でも出来る仕事である。ただし時間帯が深夜なので、最初のうちは苦労するだろう…何度か遅刻したし。起きれなくてすっぽかしたことも何度かある。だがそれすらも(おそらく雇用先は)織り込み済みである。人が足りなければ誰かがそこをやるのだ。そしてその人は1.5人分だとか2人分だとかの給与をもらっている。はっきり言っておいしい。ので人手不足になりやがれ!と思っている。

 

掃除が好き?な理由

この方が好きだから。以上。

きづいたらもう2年近く経つ…。

コツコツ地道にやってきたことって私には正直初めてかもしれない。「気づいたらこんなに時間が経っていた」とかよくインタビューとか記事でみるけれど、本当にそんな感じ。あまり成長したとか何かを成し遂げた、という実感はないけれど。

 

凡事徹底 (活学叢書)

凡事徹底 (活学叢書)