読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サニーの頭の中

30代 既婚 子供 無し 日々の思い。

まんがのある図書館の蔵書数を調べてみた。

山賊ダイアリー学習漫画としてのカテゴリーに分類されているのは素晴らしい。

 絵のうまいへたは置いておいて、現代日本の「猟師」の姿なんて一普通に暮らしている人には想像もつかないだろう。漫画という表現方法が世界一充実している日本に生まれて本当に良かった。(大袈裟)

 

 気になったので、どれくらい漫画の蔵書があるか調べてみた。

 

 

f:id:fishbird28:20161127125202j:plain

 

詳しい調べ方はわからなかったが、分類事項で726がおそらくマンガなのだろうとアタリをつけて調べてみたらけっこうな人気漫画が1ページ目に出てきた。

 

件数が3596件

この数はちょっとすごいんではなかろうか?普通の図書館と比較していないのでわからないのだけれど、超充実。 手塚治虫氏のブラックジャック火の鳥はだしのゲン横山光輝氏の「三国志」、昔のいわゆる「名作」等はどの図書館でも見かけるけれど、ラインナップを見る限り最近の人気マンガが並んでいる。

 

図書館に足を運んでもらうためにはいいのかも?と思ったけれど盗まれて売られたり、ボロボロになったりしそうで賛否両論、メリットデメリットはあるのでは?

 

自分みたいに図書館を利用している人にはライバルがとても増えてしまうな…^^;

 

残念ながら隣の市なので距離にして20km、時間にして車で30分ほどかかるのが非常に残念。相互貸借という非常に便利なサービスがあるのだが手続きが少し面倒で、(ネットから申し込みができない…2016年11月現在)最寄りの図書館=本を受け取る図書館まで行って、手書きで申し込みをしないといけなかった。確か。

 

 2週間のレンタルを無料で借りられる図書館を有効利用しない手はない。ブログを書き始めてその履歴をまとめようとおもったら(いいネタやんけと思ったら)履歴は何故か消去されるとのこと…。

 なんだよサービスの一環として取っといてくれよ…>< とも思ったがそれだけでデータ量が増えるだろうし仕方ないか。自分で今度からまとめておこう。という記事を書こうと思います。